HOME > 製品紹介 > ボイラ・ヒータ 熱源機器 > ガス温水ヒータ コンデック

ガス温水ヒータ コンデック

ガス温水ヒータ コンデック

特長

低NOxで省エネ、地球にやさしい。よくばり思考の給湯システム!

低NOxを実現! 大気の環境を保護

水をクリーンな燃料ガスの燃焼ガスと直接接触させて熱交換する、新しいタイプの瞬間式温水ヒータ"コンデック"は、低NOxバーナ(P形バーナ)を採用。排気ガスの低NOx(排気量O2=0%換算でNOx=60ppm以下)を達成した、環境に易しい温水ヒータです。

燃焼潜熱まで徹底的に回収するから高効率をキープ

コンデックは燃焼ガス中の水蒸気潜熱までも回収する直接接触熱交換式。 完全対向流の充填層で燃焼ガスと給水の熱伝達が行われるため、燃料の総発熱量はもとより燃焼用空気の潜熱・顕熱量をほとんど回収します。また、間接熱交換式のような隔壁がないので、給水スケールによる効率ダウンは皆無です。 直接接触熱交換方式という構造上、缶体の保有水量が少ないため、必要なときにいつでも連続出湯ができます。また出湯温度巾(ムラ)が狭く、一定温度の給湯が可能です。

省エネによる経済性は認められた実力

コンデックは「直接接触熱交換式潜熱回収温水ヒータ」として、低発熱量基準で108%以上の超高効率を達成。排ガス温度は給水入口温度プラス数℃と冷たく、夏季などは外気温度以下になるなど、従来型に比べ大幅な省エネルギー効果を発揮します。 (社)日本機械工業連合会から63年度優秀省エネルギー機器として表彰された他、(財)省エネルギーセンターから'88年省エネルギー優秀製品賞を、(社)日本ガス協会から平成元年度技術賞を受賞するなど、高い評価を戴いています。

人口二酸化炭酸泉「炭酸風呂」を実現

燃焼ガスと戻り湯が直接熱交換するのと同時に、燃焼ガス中の炭酸ガスが戻り湯に溶け込みます。炭酸ガスの溶け込み量は市販の「炭酸ガス入浴剤」と同等で温浴効果が期待されます。

資格不要! 取扱いも簡単!

コンデックは高効率ながらも弊社従来品温水ヒータに比べふた回りも小さいコンパクト機器で、Cシリーズ品(12A、13A、LPGだき)ではさらに省スペース型となりました。 運転、停止および温度調節が遠隔用操作ボックスで操作できる便利な遠隔操作、全シリーズに低騒音バーナを採用した静かな運転音と、取扱いも便利で快適。 大気開放形のコンデックは、「ボイラーおよび圧力容器安全規則」による届出や取扱者の資格などは不要です。